予実分析を重視した経営について

企業において、経営実績を分析することは非常に重要です。株主をはじめとした各種関係者に毎年実績とそれに至る根拠を明確に示す必要があります。また、今後の企業の方針を決定するために過去のデータを分析することはとても大事です。分析手法として多く用いられているのが、予算差異分析です。事業年度が始まる前に目標とする予算を策定し、それと実績を比較する手法です。分析には、販売数量面からのものや、単価設定面からのものなど多岐にわたりますが、これを正確に実施することで、どの部分で計画と差異が生じたのかが明確に判明し、経営の反省につなげることができます。

企業の経営を行なう上で、その会社の収支状況を把握しておくのは大変重要なことです。その中で、予算差異分析ということを行なうことが重要です。予算差異分析とは、計画した収支予想と、実際の結果とを比較して、その誤差の要因は何だったのかをきちんと算出する分析手法のことです。計画時点と比較して、販売単価が変わったのか、予定していたものと実際の販売量との差はどれくらいあったのかなどを分析していくことで、今後の経営方針を決める際の一助とすることができます。計画を決める際に、その計画数値をどのように算出したのかをきちんと明確にしておくことが大事です。そうすることで実際の結果との比較をする際に誤差が明確となります。